1994年 note

洛陽駅

   旅行名 北京・洛陽・西安の旅  7日間
   期 間    1994年3月25日〜3月31日
   日 程  3月25日 成田発 (北京泊)
 3月26日 北京市内観光 (列車泊)
 3月27日 洛陽 (洛陽泊)
 3月28日 洛陽〜西安 (西安泊)
 3月29日 西安 (西安泊)
 3月30日 北京郊外 (北京泊)
 3月31日 北京〜成田 (成田東急)
   航空会社 パキスタン航空
   出発便 PK751 18A 11:55 (15:25北京着)
   帰国便 PK750  17:05 (21:55成田着)
 宿 泊 北京 新大都飯店 1107   北京市車公荘大街21号
洛陽 牡丹大酒店       洛陽市中州西路15号
西安 シェラトン西安 1011 (変更になった)
北京〜洛陽 北京〜成都 列車163 17:04北京発 05:57洛陽着
洛陽〜西安 鄭州〜西安 列車95 15:31洛陽発 21:55西安着
 西安〜北京 空路  WH-2103 08:25西安発 10:00北京着
      天 候   朝晩は上着が必要、日中はセーターだけでもすごせる。
日によって風の強い日あり。
  街路樹 緑葉はなし。
    添乗員 清水 尚美さま
テキパキ仕事をこなされる方なので、てっきり
江戸っ子かと思っていたら新潟出身とのこと。
人は見かけによらないもの。お世話になりました。
後日、インドで添乗中の彼女からエアメールが届いた。
嬉しかった。インドにも行ってみたい・・・
   北京ガイド 李 梅麗ちゃん
まだ、日本語を巧く話せないようだった。
「中国はどこどこに行きましたか?(仕事での意味)」
という不用意な質問に「中国は広いですから・・・」と
困らせてしまった。ごめんなさい。       
   北京ドライバー 丁 さん
朝、にこやかに迎えてくれた彼は、上下ジーンズでキメていた。
        ホテルの前で。
   洛陽ガイド 名前忘れました。(女性)
旦那さまは日本人。
若い主婦、アルバイトでガイドをしている。
   洛陽ドライバー
これまた名前忘れました。(男性)
印象薄い・・・
   西安ガイド

志 俊賢
なにを気にしたのか、途中から不機嫌になった。
空港でさよならの握手もしてもらえなかった。
永遠の謎だ。だから中国語わからないと困るよね・・・
   西安ドライバー 思いだせません。
  お世話になった
   みなさん
全22人
ピータン夫妻、川端先生、印鑑マダム、ピヨコのおじさん
さんざしジュースおごってくれたおじさん、
鳩の丸焼きおじさん、他。
帰ってから、お手紙や、おハガキありがとうございます。
ピータンのおばさまは、フィルムがダメになっていて、
私が送った写真を喜んでくれた。よかった、よかった。
みんな元気かなあ・・・  
  追 記
成田着がこの日の最終便となり、大幅に遅れたため
成田空港泊を覚悟したが、運良く‘成田東急’にひろって
もらった。布団で眠れてよかった。
     付 録 上野西洋美術館〜バーンズコレクション
ブリジストン美術館〜モネ展
  靴とカバン ローファー
父が持っていた茶の皮製カバン(今はもうない)









vol.3