1996年 note

ダ・ヴィンチとその弟子たちの像(ミラノ)

   旅行名  イタリア周遊 8日間
   期 間  1996年12月11日〜12月18日
   日 程 12月11日 成田発  (ミラノ泊)
12月12日 ミラノ〜ベローナ〜ヴェニス  (ヴェニス泊)
12月13日 ヴェニス〜フィレンツエ  (フィレンツエ泊)
12月14日 フィレンツエ  (フィレンツエ泊)
12月15日 フィレンツエ〜アッシジ〜ローマ  (ローマ泊)
12月16日 ローマ  (ローマ泊)
12月17日 ローマ発
12月18日 成田着
  航空会社  アリタリア航空
   出発便  AZ-789 12:20発  17:15着 <ミラノ> マルペンサ空港着 
   帰国便  AZ-788 11:50発  09:55着 <ローマ>ダ・ヴィンチ空港発
   宿泊  <ミラノ>     グランドホテル フィエラミラノ
 <ヴェニス>   カールトン エグゼクティブ
 <フィレンツェ> ラファエロ
 <ローマ>    プリンセス ホテル
    天候  冬支度、時々雨になった。
   街路樹  緑葉あり
 
   添乗員
 
  
 マキノ
  小柄でチャーミングな女性。でも、たくましい。
  タクシー事件(ローマ参照)ではヤラレタが、私が肉に
  手を付けないことに気づいてオムレツにしてくれたりした。
  そんな気気遣いも忘れない、仕事のできる女。
  それを見た、他の人まで便乗させてしまった。
  何枚かいっしょに写真に収まっているが、どれもかわいい。  
  ドライバー  コジモ
  ヴェネチア出身。推定34歳。話から2児の父。
  性格、りちぎ、おちゃめ。
  私が「ただいまー」とバスに戻ると、「タダイマー」と
  迎えるので、「You say OKAERI 」とレッスンした。
   ミラノの街角で。左がコジモ
 メンバー(1)
命名‘オレンジ、ユウコ&ユタカ’
 ご夫婦で参加された。
 旦那様のユタカは細身のナイスガイ、ユウコは若い頃細身のご婦人。
 ユタカはこの晩、カンツォーネ・サンタルチアのお姉さんと、踊ったのでした。
 ユウコはご機嫌斜め・・・?
 
 メンバー(2)
命名‘和菓子屋のダンナ夫婦’
 ‘オレンジ夫妻’と年齢が同じくらい。
 夫婦そろってセンスがいい。旦那様は中村勘九郎似。
 ヨーロッパがお似合いのご夫婦でした。
 
 メンバー(3)
‘友人ふたり組み’
 ひとりは自分の能力を鼻にかけて自慢するタイプ。
 もうひとりはおとなしくて滅多に話さないタイプ。
 このふたりが友人?・・・
 でもって鼻にかけてるほうが「私、(イタリア男性に)声かけられて
 誘われちゃった〜」みたいなこと言うので
 「(あっそ、本当は金品が目当てだったんじゃないの?)」とひがむ私・・・。
 メンバー(4)
‘ガマちゃん’(私じゃなくて、‘鼻にかけてる’が命名。)
 体格が良くて55歳くらい。
 観光するのに、なぜか車の着いたスーツケースを 引きずって歩いてる。
 中に何が入ってるの?札束?不思議〜。
 メンバー(5)
姉妹で参加されたおふたり。
 双子のようで双子でない、どちらが姉でどちらが妹か分らないほど似てた。
 メンバー(6) ひとりで参加された若い女性。
 メンバー(7)
静かな新婚さん
   追 記
 飛行時間10時間を越える長旅、機内では映画の上映もあった。
 帰りの機内で、後ろの席のおばさまが足を私のシートに押し付けてるから、
 振動が気になって仕方ない。
 Cさんに言うと、席を代わってくれて、後ろのおばさまを「ギッ!」と睨んだ。
 小心者の私はCさんを「モーゼみたい・・」と、心から頼もしく思ったのでした。
 それでもおばさまの振動は収まらなかったということです。
 本当にお疲れさまでした・・・。
  靴とカバン      
 黒のスエード。
 茶のいつもの。









vol.5