1988年 ナイアガラ

第1回 1988年6月16日 滞在3日目

滞在3日目ワシントンから空路ニューヨークへ到着。そのままカナダへ入国する。

6月16日

ナイアガラの滝
朝、ワシントンを発ってニューヨークの空港に着いた。
空港からバスに乗り込みそのままカナダへ向かう。ナイアガラの滝を見に行くのだ。
カナダ入国の前に、アメリカ側からクルーズ船に乗り込んだ。
ナイアガラの滝ってカナダにあるんじゃないの?


青合羽
私たちは2階建ての船(霧の乙女号)に乗り込み滝のクルーズに出発した。
船に乗る前に全員‘青色のレインコート(フード付き)’を着せられる。
滝のすぐ側まで行くので、水しぶきがすごいのだ。(と思い込んでいた)船にいち早く乗り込んで、
誰もが2階へ駆け上がっていく。
2階からのほうが滝の迫力だって真近に見れるだろうし、なんてったって水しぶきの量だって断然多いに違いない。
私も、水しぶきがたくさんかかるように2階へ駆け上がった。

 アメリカ滝と青合羽(霧の乙女号)


はじめに見えてきた滝が‘アメリカ滝’である。この滝はアメリカ側にあるのだ。
そうなんです!私は行ってみるまで知らなかったのですが、ここには滝がふたつあったのです。
ナイアガラ川はオンタリオ湖から流れてきます。
滝となって落ちる上部に’ゴート島’という島があるため、この島によって落ちる直前に流れが
ふたつに分断されるのです。
川上から見て島の右側を落ちているのが‘アメリカ滝’(アメリカ領)島の左側に落ちているのが
カナダ滝’(アメリカ・カナダ領)ふたつ合わせて‘ナイアガラの滝’というわけです。
ちなみにゴート島は全部アメリカ領です。

アメリカ滝は落差56m、幅320m、毎分の水量およそ1400万リットル。
はっきり言って、ひと目で「たいしたことない」「な〜んだ、ちっちゃいじゃん」
「早くナイアガラが見たーい」と、まるでアメリカ滝を前座扱いする私。
高さもないし、視界にすっぽり納まってしまうので、雄大にはほぼ遠い。
期待していた水しぶきもかかりません。

 アメリカ滝


お次が真打、カナダ滝の登場。
ところが、「な〜んだ、たいしたことないじゃん・・・ちょっと幅が広くなったかな?」
思いのほか迫力に欠けていたので、がっかり・・・。
高さ54m、幅675m、毎分の水量およそ1億5500万リットル。
水量が多いので、中央部が侵食によって半月形をしている。
別名‘馬蹄滝’Horseshoe Falls とも呼ばれている。

船は、この半月状の中央部くぼみに向かって進んでいきます。
水しぶきもちょぼちょぼかかってくるようになり、周囲では「ワー、キャー」言いだしました。
「なんだよ、もっと雨のようにかかってくるのかと思ったよ」とまだ満足できない私。
期待が大きすぎたのかもしれません。

 カナダ滝。水しぶきで向こうが見えない


黄合羽
青合羽を脱いで、ゴート島にある‘風の洞穴’に向かった。
ゴート島に行くには橋を渡っていかねばなりません。
アメリカ滝の絶壁にある高さ45m、深さ30mの‘風の洞穴’へは、エレベーターで降ります。
鉱山の作業員になった感じで、降りてすぐ今度は全員、黄色合羽(もちろんフード付)を
着せられた。小さい私は、大人用では裾を引きずりそうなので、子供用に替えられてしまった。
いったい何があるというのか、わからないまま鉱山の作業現場のようなところに降りて、
いきなり黄色合羽を着せられ、頭には紙の白い帽子にフードまで、かぶされた。
トンネルを進むと、なんとそこは・・・滝の裏だった!真っ白な水しぶきしか見えない。白い壁。
更に進むと、滝のすぐ横にでた!柵があるものの、目の前に巌が見え、滝が落ちている。
水しぶきで透明感は全くないので、音がなければストップしている白い雲のようである。
「なんかで見たぞ・・・」柵を越えれば滝に触れそうなくらい近い。
「この風景は・・・?」「そうだ!ナイアガラだ!」マリリン・モンロー主役のサスペンス映画。
「あーあ、ここだ。そうや、そうや・・・ナイアガラだもんね・・・」

 マリリン事件現場と黄合羽


カナダ入国
まだアメリカ側にいる私たちは、これからいよいよカナダに入国します。
国境線はナイアガラ川に架かるレインボー橋のほぼ中央にあるのだった。
私たちはその橋の上に引かれた国境の白線をバスで通過し、カナダ側のゲートに向かった。
ゲートは橋のたもとにある。バスはいったん停止し、カナダの係官が乗り込んできた。
腰に銃があった。「(本物ダー)」ちょっとびびりながらパスポートを提示する。
右の人差し指が動くのが合図だ。私たちは座席に座ったまま黙って提示していた。
さっきまでは、見てきた滝の話で盛り上がっていたのに・・・車内はシーンとしてしまった。


ビクトリア公園と大橋巨泉
ビクトリア公園からは高圧電力線がたくさん見えた。カナダ側には発電所があります。
ナイアガラの水圧は373万kwの電力をうみだしてるそうです。
今日は快晴で、過ごしやすく気持ちのいい日になった。巨大花時計がキレイだった。

お買い物は、一等地に店舗を構える、大橋巨泉オーナーのOKマーケット?KOマーケット?に。
繁盛してましたよー。カナダと言えば・・・メイプルシロップ?
あとは・・・斧のおもちゃにタヌキかなんかのしっぽがついてる飾り物(引越しの時失くした)
目新しい物がないからカナダのピンバッジを購入。


スカイロン・タワーで夕食
スカイロンタワーの展望レストランは、ナイアガラの滝が一望できるだけでなく、360度の地平線をみることができる。
ここはレストランが回転しているので(回転レストラン)食事をしながら絶景パノラマを見ることができて、
ナイアガラの滝を見下ろせるのだ。
ゆっくり回転しているレストランなので、全席窓側に面していなければ意味がない。
私も、食事をしながら夕暮れのナイアガラを堪能した。

 後ろの丸いタワーがレストランです


食後、屋上で真っ赤な夕陽を見た。ガイドさんが「カナダの夕陽はきれいですから」と、わざわざ案内してくれたのだ。
言うだけの事はある。本当にきれいだった。
夕陽だけでなくて、空全体も真っ赤で実にきれいだった。
自然の色は例えようもなく、表現が難しい・・・。
燃えるようなオレンジ・・・いや、違う・・・空が火事のように真っ赤・・・。



一日ナイアガラ探検を楽しみ、ニューヨークのホテルに向かう。



1988年ニューヨークにつづく








vol.83