1996年 アッシジ

第1回 1996年12月15日

イタリア滞在5日目 アッシジ〜ローマ

聖フランチェスコ教会 (別紙参照)
今朝はぬけるような青空である。全ての道はローマに通ず、ここはトスカーナ地方。
良質ワインの産地である。隙あらばワインをGET!しようともくろんでいた私だった・・・

アッシジの聖フランチェスコ教会に寄る。いったい何があるか解っていない私。
見渡す限りオリーブ畑が広がっている・・・バスは丘の上にある教会へ。
天気もいいこともありきもちがいい。緑が多いと、こうも空気が違うものか・・・と思う。

教会までは徒歩で坂を登らねばならない。城門があってその先はアッシジの街並みがつづく。
街といっても本当に小さい、ほとんど教会が占めているといっていい。
でも、このこじんまりしたところがよかった。Cさんもこの街が気に入ったようだった。
城門から中に入った瞬間の光の具合、坂道に石造りの家々。
中世そのものって感じがした。馬がでてきても違和感がないだろう。

 城門を入るとそこは中世アッシジの街


アッシジといえば翌年1997年の大地震で、教会の壁画が失われる災害にあった、ということで記憶されてる方も多いはず・・・
そうなんです。ここには、フランチェスコの生涯が、なんとかという(忘れた・・・ウンブリア派の・・・ジオットだったかなあ?)
画家によって描かれています。中でも「ひよどりに説教するフランチェスコ」が有名。(別紙参照)


土産物とドライブイン
バスは再びローマを目指す。途中、食料品店に寄った。真っ先にワイナリーへ。
キャンティの他にもピエモンテ州高級ワイン、バローロ、バルバレスコもある。
せっかくトスカーナなんだから記念にキャンティを購入。
マキノ添乗員が推薦は、トリュフ入りチョコレート。「(結局、チョコレートでしょ?)」生パスタもある、これはCさんが購入したもよう。

バスは進む。トイレ休憩でドライブインへ寄った。簡単な売店もある。
みたら、ここにもキャンティ、「安物だけど一応買っておこう!」と1本購入。


ワイン飲み比べ
日本に帰って、購入したキャンティ3本を飲み比べた。
結果はなんと!ドライブインの圧勝!(安酒・・・私の舌が問題なのかしら?)


ほんの短い滞在でしたし、小さな小さな街で、教会しかありませんが、そこに行くまでの風景、
特に、オリーブ畑が真っ青に晴れた空のもと一面に広がっていて、葉が風にそよそよ揺れていた光景は
今でも忘れません。強く印象に残っているアッシジです・・・


イタリア最後の地ローマへ


1996年12月 アッシジ完


ローマにつづく


目次





vol.58