The Acropolis museum
in Athens

アテネ市街(中央がパルテノン神殿)

「アクロポリス博物館」は神殿の右にある建物。
アクロポリスの丘から出土した美術品(特にアルカイック期)が納められている。
しかし、そのほとんどは失われているか、諸外国に流れてしまっている。


「Lioness devouring a calf」
BC.500

ライオン・パルテノン神殿西側破風


「Moschophoros」
BC.570

「仔牛を担う人」

アルカイック期・彼は体にフィットする衣服を身につけている。
ほぼ完全な形で残っている貴重なアルカイックスマイル。


「Sphinx」
BC.570〜540

「スフィンクス」

後期アルカイック期・立像で、上半身だけねじっている形。


「Hunting dog」
BC.500

「犬」


「Peplos Kore」
BC.530
  
アルカイックスマイル

アルカイック期の「ぺプロス・コレー」(女性像)
この女性は若い少女で、ぺプロス(厚手の布地でできたマント)をまとっている。
失われた左手は、復元では果物(りんごのような)を手にしている。

アテナの聖域アクロポリスは彫刻で溢れていた。
その多くはエーゲ海諸島出身の彫刻家たちを先達として制作され、実際使用された素材も
島の大理石であったが、ここアテネの彫刻家も形式、主題ともに大胆な実験を試みていた。
その合作はアクロポリスに驚くほど豊かな彫刻群を出現させた。
スフィンクス、犬、クーロス、有翼の勝利のニケ(表紙写真)
全てがアテネの守護神アテナへの捧げものである。

コレーはクーロス(男性像)のように様式が決まってはおらず、比較的自由に表現されています。
どれも着衣で腕のしぐさや衣装、髪型はバラエティーに富んでいて、ひだの多い優雅な衣装をまとい、
透明感の強い大理石で作られることが多く、宝石をはめ込むなどの装飾されたものもみられた。
コレーは奉納像として作られたケースが多いようです。


「Atena」
BC.520

神殿破風の「アテナ」(部分的に復元)

ギリシャの長い美術史の中で、他に類をみないアルカイックスマイルをみたいなら
「アクロポリス博物館」が一番だろう。その量とリアルさには息をのむ。
私はアルカイックスマイルをここで初めて目にしたが、
「どっかで見たような・・・」とひっかかっていた。
それは、ペロポネソス半島の「コリントス博物館」で見たアルカイックスマイルで判明した。
「もののけ姫の‘シシ神’だ・・・!」


tuzi のひとくちメモ 「ギリシャ美術用語」
アルカイック・スマイル
  口の両端をわずかに引き上げる微笑。








vol.31