×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





太極拳音楽

   太極拳      
   サントラ盤


 「太極音楽」 カセットテープ(30分)
 音楽に合わせて‘套路’が終わるように工夫された音楽が録音されている。
 音楽と一緒に‘套路名’を中国語で言ってくれたりもしている。
 ‘套路’を覚えていない人には大助かり。ただし速度は速めです。
 A面が音楽と口述、B面が音楽のみで構成されている。
 しかし、これも良し悪しで個人個人速度が違うのだから、音楽に合わせたり、
 次の動きを言われたりしては却って邪魔になったりしないでもない。
 こういった音楽を使うのは覚えたての時だけにしたいものだ。
 私は滅多に音楽をかけることはありません。
 テープを使うのは教室で生徒さん用に限られています。
 ・・・そういえば、細川たかしの「矢切の渡し」が合うと聞いたことがありました。
 まだ試したことはありませんけど・・・。
 「太極」
 このCDはシリーズ化されていて、他に「気功」もある。
 内容は、静かなリラックスムードの音楽である。
 カセットのように套路名は語られない。音楽のみ。
 BGMとしても聴けるが、各種套路のために作成されているため
 無意味に思う。メロディで型が分かるような構成になっているためです。
 練習時、教室の生徒さんたちには好評です。
 ただ、舞台表演では使いたくないものです。
 「Travelling Without Moving」  Jamiroquai (1996年)
 「矢切の渡し」よりはジャミロクアイかな(笑)結構合うんですよ!
 このアルバムの一曲目なんかは最適です。
 出だしが静かでだんだんに盛り上がっていくところはまさにピッタシです!
 部屋の中で自主トレする時はこれ。
 「first class」   大江千里 (2001年)
 ジャミロクアイ同様、一曲目の‘ファーストクラス’の出だしもなかなか合う。
 このアルバムは初め5曲ほどアップテンポの曲が続くので
 テンポがとりやすい。聴けば力が湧く彼の曲は‘発頸’したい時に最適だ!


 「LOVERS」 2004年
 全20曲。
 中国人の太極拳の先生が、講習会で刀の模範表演で使用したCD。
 冒頭の「ヒョロロ〜〜〜」で身震いが・・・(笑)
 近くで見学していた拳友がLOVERSだと教えてくれた。
 私も楊式刀で「Battle in the Forest」(3分25秒)を使用している。
 16式剣ではFarewell-2(2分40秒)を毎回使用。 
 「英雄」 2003年
 譚盾(タン・ドゥン)による。ヴァイオリンはイツァーク・パールマン。
 和太鼓で鼓童。ヴォーカルはフェイ・ウォン。
 私は映画を観て即行で購入を決めました。全17曲収録。
 チャン・イーモウ監督、ジェット・リー主演のこの映画。音楽は重く暗く・・・。
 和太鼓が低く悲しげに、ヴァイオリンが切なく憐れに響く・・・。
 私は太極刀は「天下和平」(3分40秒)で、
 陳式太極拳は「悲しみの砂漠」(2分31秒)で助けてもらった。
 技術のなさは音楽でカバー!
 「イルジメ」 2008年
 イルジメは映画ではなく、韓国ドラマです。全20曲。
 すっかりイルジメファンになった私。
 「花信」(1分20秒)で短い扇を表演したことがあります。
 短時間の表演が必要な時はサントラ盤が重宝します!
 「chai」 2003年
 全15曲。
 歌が入ってなければ、表演に使えるんだけど・・・。
 「chai chai」 2005年
 全20曲。2003年の続編。
 歌が入ってない曲も複数あり。
 特に、井上陽水の「少年時代」、平井堅の「瞳をとじて」は
 是非表演に使いたい・・・。

(2015年2月記)








vol.6