×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





1999年 フランクフルト(往路)

第1回 1999年1月

アテネに向かう途中、ドイツのフランクフルトで乗り継いだ。
時間があいたので市内に出ることにした。
 初日滞在3時間 1月28日(木)
フランクフルト空港から市内へは電車で15分ほど。
電車から見える外の風景が、緑の多い山や木の感じ・・・日本に似ていると思った。

DOM/ST.LEONHARD Frankfult 1509〜
気温1℃。少し寒い。
尖塔状の屋根を持つ教会に向かった。赤茶色のレンガ造りだったと記憶している。

 教会外観上部  教会内部


旧市庁舎前広場
教会から坂を下りたところにある広場。屋根の造りがいかにもドイツ、っぽい。
お菓子の家のようで壁が格子状というか市松模様というか、バッテンバッテンの組み木で構成されている。
保護地区なのか、復元したのか、ここは時代が止まったよう。
私がフランクフルトと聞いて、真っ先に連想したのは「アルプスの少女ハイジ」だった。
ハイジはクララの住むフランクフルトでロッテンマイヤーさんにいびられながら、がんばった町・・・。
雨が降ってきた。雨宿りをかねてハガキを買ってその場でメールを書いた。

 お菓子の家みたい・・・


 いかにもヨーロッパって感じ・・・


ゲーテの家
表通りに面した一角にある。
目印は壁の横にある小窓。(他の建物は隣とくっついているので脇の壁は見えない)
ゲーテの家の隣はこの窓が見えるように少し後退している。
この小窓から母親が、通りで遊ぶゲーテ少年を呼んでいた。
「食事よ!」「暗くなったからお家に入んなさい!」という風だったのだろうか・・・

 横に白枠の小窓がある所がゲーテの家


雑貨店
街中は特に日本と変わりない。時間があったので、雑貨店に寄ってみた。
私が使っている便利な料理器具で、ゆで卵の固さが計れる道具がある。
お湯に落とすだけの簡単な器具なのだが、重宝している。
ドイツ製なので「他になにか掘り出し物がないか」と入ってみた。さすがに、色合がカラフルだ。
買うのはいいがこれをもっていく事を考えると「わざわざそこまでして・・・」というものばかりだった。

三越フランクフルト店で市内の簡単な地図をいただいた。
地図は帰りのフランクフルトで大いに活躍した。



電車で空港に戻る。

 アテネに向かう
アンダーバーをクリックしてください。アテネのつづきにいけます。



 フランクフルト(復路)
フランクフルトだけ読みたい方(アテネを省略)はこちらをクリックしてください。





vol.73